簡単な説明

WeChatは、中国人が日常的に使用しているアプリです。 ウィキペディアによると、多目的プラットフォームと定義付けられています。 Whatsapp +やGoogle / Apple Pay + Facebookなどに近いと説明する人もいますが、それは数年前のWeChatミニプログラム(微信小程序WeiXin XiaoChengXu)が登場するまでの話。
WeChatと密接に関連したアプリ内の軽量プログラム(WeChatアプリの追加モジュール)は、欧米におけるそれらにない機能です。 たとえば、Didi(Uberに相当)には、WeChat内から車を予約できるWeChatミニプログラムです。 Tencent(親会社)は、中国人がWeChatのみでそれらが完結できることを望んでいます。

どこでも支払できる

WeChat PayがなければWeChatはそれほど成功しなかったでしょう。これは独立したアプリではなく、WeChatに組み込まれているので、ただのデジタルウォレット(QRコード利用を除けば)にすぎません。つまりそれは、販売者にとっての決済が容易になったことを意味します。
Google Payのように、店舗側での特別な端末やAPI、ないしはGoogleとのビジネス契約は必要ありません。
QRコードを印刷するだけです。そのため、大きなデパートから最も離れた道端の果物屋までもWeChat Payを介しての決済を行っています。
言うまでもなく、WeChatはエンターテイメント、公共料金、ショッピングなど、あらゆるものの標準です。

中国についてのその他

中国市場は巨大で参入する方法はたくさんありますが、あまりにも巨大で、展開するまでにに多くの時間とお金を無駄にする恐れがあります。
WeChatは1つのプラットフォームのみです。ただし、他の広告プラットフォーム、他のソーシャルメディアプラットフォーム、In_uencersであるKOL(主要なオピニオンリーダー)、他のeコマースプラットフォーム、場合によっては従来の配信でのプレゼンスも必要です。
当社のSellOnWeChatアプリが唯一の方法であるとは限りませんが、中国の製品市場に参入するための安価で最速の方法の一つであると確信しています。